データの概要

無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H27.9~H27.10 )
  1. 本データは、原子力規制庁による平成27年度分布状況等調査において、平成27年9月2日から、平成27年10月22日にかけて福島第一原子力発電所から5 km圏内について無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)を用いて測定された結果を基に作成した。
  2. 無人ヘリの飛行高度は対地高度で80m程度であり、その測定値は無人ヘリ下部の半径80m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリの軌跡幅(測線間隔)は80 mとした。
  4. 無人ヘリの飛行速度は、8 m/s(28.8 km/h)程度である。
  5. 放射線検出は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 無人ヘリで取得された測定データを換算した地上1 m高さでの空間線量率から、警戒区域内でのin-situ測定の結果を基に、天然放射性核種 (カリウム40、ウラン系列、タリウム系列)による空間線量率の平均値(43±20 nSv/h: 誤差=標準偏差σ)を差し引くことにより、放射性セシウム(セシウム134、137)のみによる空間線量率を算出した。その後、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2) の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H26.11~H27.1 )
  1. 本データは、原子力規制庁による平成26年度分布状況等調査において、平成26年11月13日から、平成27年1月15日にかけて福島第一原子力発電所から5 km圏内について無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)を用いて測定された結果を基に作成した。
  2. 無人ヘリの飛行高度は対地高度で80m程度であり、その測定値は無人ヘリ下部の半径80m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリの軌跡幅(測線間隔)は80 mとした。
  4. 無人ヘリの飛行速度は、8 m/s(28.8 km/h)程度である。
  5. 放射線検出は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 無人ヘリで取得された測定データを換算した地上1 m高さでの空間線量率から、警戒区域内でのin-situ測定の結果を基に、天然放射性核種 (カリウム40、ウラン系列、タリウム系列)による空間線量率の平均値(43±20 nSv/h: 誤差=標準偏差σ)を差し引くことにより、放射性セシウム(セシウム134、137)のみによる空間線量率を算出した。その後、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2) の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H26.6~H26.7 )
  1. 本データは、原子力規制庁による原子力規制庁による平成26年度分布状況等調査において、平成26年6月23日から、平成26年7月22日にかけて福島第一原子力発電所から5 km圏内について無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)を用いて測定された結果を基に作成した。
  2. 無人ヘリの飛行高度は対地高度で80m程度であり、その測定値は無人ヘリ下部の半径80m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリの軌跡幅(測線間隔)は80 mとした。
  4. 無人ヘリの飛行速度は、8 m/s(28.8 km/h)程度である。
  5. 放射線検出は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 無人ヘリで取得された測定データを換算した地上1 m高さでの空間線量率から、警戒区域内でのin-situ測定の結果を基に、天然放射性核種 (カリウム40、ウラン系列、タリウム系列)による空間線量率の平均値(43±20 nSv/h: 誤差=標準偏差σ)を差し引くことにより、放射性セシウム(セシウム134、137)のみによる空間線量率を算出した。その後、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2) の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H26.6 ~ H26.7 )
  1. 本データは、原子力規制庁による原子力規制庁による平成26年度分布状況等調査において、平成26年6月23日から、平成26年7月22日にかけて福島第一原子力発電所から5 km圏内について無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)を用いて測定された結果を基に作成した。
  2. 無人ヘリの飛行高度は対地高度で80m程度であり、その測定値は無人ヘリ下部の半径80m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリの軌跡幅(測線間隔)は80 mとした。
  4. 無人ヘリの飛行速度は、8 m/s(28.8 km/h)程度である。
  5. 放射線検出は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 無人ヘリで取得された測定データを換算した地上1 m高さでの空間線量率から、警戒区域内でのin-situ測定の結果を基に、天然放射性核種 (カリウム40、ウラン系列、タリウム系列)による空間線量率の平均値(43±20 nSv/h: 誤差=標準偏差σ)を差し引くことにより、放射性セシウム(セシウム134、137)のみによる空間線量率を算出した。その後、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2) の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
  7. 無人ヘリを用いた放射線測定システムの不感時間について、照射装置を用いて評価したところ1.8-2.0 µs程度の不感時間があることが分かったため空間線量率は不感時間を補正している。
無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H25.11~H26.1 )
  1. 本データは、原子力規制庁による平成25年度分布状況等調査において、平成25年11月19日から、平成26年1月7日にかけて福島第一原子力発電所から5 km圏内について無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)を用いて測定された結果を基に作成した。
  2. 無人ヘリの飛行高度は対地高度で80m程度であり、その測定値は無人ヘリ下部の半径80m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリの軌跡幅(測線間隔)は80 mとした。
  4. 無人ヘリの飛行速度は、8 m/s(28.8 km/h)程度である。
  5. 放射線検出は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 無人ヘリで取得された測定データを換算した地上1 m高さでの空間線量率から、警戒区域内でのin-situ測定の結果を基に、天然放射性核種 (カリウム40、ウラン系列、タリウム系列)による空間線量率の平均値(43±20 nSv/h: 誤差=標準偏差σ)を差し引くことにより、放射性セシウム(セシウム134、137)のみによる空間線量率を算出した。その後、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2) の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
  7. 無人ヘリを用いた放射線測定システムの不感時間について、照射装置を用いて評価したところ1.8-2.0 µs程度の不感時間があることが分かったため空間線量率は不感時間を補正している。
無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H25.6~H25.7 )
  1. 本データは、原子力規制庁による平成25年度分布状況等調査において、平成25年6月6日から、平成25年7月31日にかけて福島第一原子力発電所から5 km圏内について無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)を用いて測定された結果を基に作成した。
  2. 無人ヘリの飛行高度は対地高度で80m程度であり、その測定値は無人ヘリ下部の半径80m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリの軌跡幅(測線間隔)は80mとした。
  4. 無人ヘリの飛行速度は、8m/s(28.8km/h)程度である。
  5. 放射線検出は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 無人ヘリで取得された測定データを換算した地上1 m高さでの空間線量率から、警戒区域内でのin-situ測定の結果を基に、天然放射性核種 (カリウム40、ウラン系列、タリウム系列)による空間線量率の平均値(43±20 nSv/h: 誤差=標準偏差σ)を差し引くことにより、放射性セシウム(セシウム134、137)のみによる空間線量率を算出した。その後、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2) の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
  7. 無人ヘリを用いた放射線測定システムの不感時間について、照射装置を用いて評価したところ1.8-2.0 µs程度の不感時間があることが分かったため空間線量率は不感時間を補正している。
第2次無人ヘリコプターによる福島第一原子力発電所から3km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H25.3.20換算 )
  1. 本データは、文部科学省による第3次分布状況等調査において、平成25年1月27日から、平成25年3月7日にかけて測定された結果を基に作成した。
  2. モニタリングの対地高度は50 m~80 m程度であり、その測定値は無人ヘリコプター下部の半径50 m~80 m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリコプターの軌跡幅は50 mまたは80 mとした。
  4. 無人ヘリコプターの飛行速度は、8 m/s(28.8 km/h)程度である。
  5. 測定は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 測定した空間線量率から、天然放射性核種による空間線量率の平均値43 nSv/h(警戒区域内で行ったゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定により求めた。)を差し引き、放射性セシウムのみによる空間線量率を算出した。さらに、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2)の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
無人ヘリコプターを活用した河岸における放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H25.1.31換算 )
  1. 本データは、文部科学省による第3次分布状況等調査において、阿武隈川流域(宮城県)では平成25年1月8日から平成25年1月31日にかけて、宇多川流域(福島県相馬市)では平成24年10月31日から平成24年11月7日にかけて、測定された結果を基に作成した。
  2. モニタリングの対地高度は50 m~80 m程度であり、その測定値は無人ヘリコプター下部の半径50 m~80 m程度(飛行高度により変化)の円内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリコプターの軌跡幅は50 mまたは80 mとした。
  4. 無人ヘリコプターの飛行速度は、8 m/s(28.8 km/h)程度である。
  5. 測定は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 測定した空間線量率から、天然放射性核種による空間線量率の平均値43 nSv/h(警戒区域内で行ったゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定により求めた。)を差し引き、放射性セシウムのみによる空間線量率を算出した。さらに、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2)の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1 m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
第1次無人ヘリコプターによる福島第一原子力発電所から3km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H24.10.20換算 )
  1. 本データは、文部科学省による第3次分布状況等調査において、平成24年10月2日から、平成24年10月20日にかけて測定された結果を基に作成した。
  2. モニタリングの対地高度は50m~80m程度であり、その測定値は無人ヘリコプター下部の半径50m~80m程度(飛行高度により変化)の園内のガンマ線量を平均化したものである。
  3. 無人ヘリコプターの軌跡幅は50mまたは80mとした。
  4. 無人ヘリコプターの飛行速度は、8m/s(28.8km/h)程度である。
  5. 測定は、LaBr3(Ce)(ランタンブロマイド)シンチレーション検出器(1.5″Φ×1.5″×3本)を用いて、地上からのガンマ線及び直達線や散乱線によるガンマ線(計数率)とエネルギースペクトルを1秒に1回連続測定した。
  6. 測定した空間線量率から、天然放射性核種による空間線量率の平均値43nSv/h(警戒区域内で行ったゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定により求めた。)を差し引き、放射性セシウムのみによる空間線量率を算出した。さらに、文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器を用いたin-situ測定法」に記載されている緩衝深度(β=1.0 g/cm2)の場合の地表面における放射性セシウムの沈着量と地上1m高さでの空間線量率の換算係数を使用し、地表面におけるセシウム134及びセシウム137の沈着量を算出した。
選択された調査項目には データの概要 はありません

ダウンロードファイル

選択された調査項目には ダウンロードファイル はありません

関連ファイル

無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H25.11~H26.1 )
無人ヘリコプターを用いた福島第一原子力発電所から5km圏内の放射性セシウムの沈着量の測定結果 ( H25.6~H25.7 )
選択された調査項目には 関連ファイル はありません