データの概要

福島県及び近隣県(39箇所)で採取された土壌中の放射性物質の深度分布の測定結果 ( H23.12、H24.4 )
  1. 本分析結果は放射性セシウムの濃度が10分の1となる深度(1/10浸透指数(mm))を示している。
  2. 本データの作成にあたって、福島第一原発から80 km圏内を中心に網羅的に放射性セシウムの深度分布の状況を確認するため、鉄パイプを用いて51 箇所の土壌コア試料を採取し、放射性セシウムの深度分布を調査した。
  3. 土壌コア試料は、福島第一原発から20km 圏内においては平成24年4月3日から平成24年4月5日に採取(27 箇所)、福島第一原発から20 km~80 km圏内においては平成23年12月12日から平成23年12月22日に採取(21 箇所)、福島第一原発から80 km圏外においては平成23年12月12日から平成23年12月22日に採取(3 箇所)した。
  4. 土壌コア試料は、長さ300 mm、外形60 mm、内径56 mm の鉄パイプ(円筒管)をハンマーにより地面に打ち込み、採取した。
  5. 測定はゲルマニウム半導体検出器を用いて行った。
  6. 土壌コア試料の採取地点において、空間線量率を測定していない場合は、空間線量率欄を空欄とした。
福島県及び近隣県(77箇所)で採取された土壌中の放射性物質の深度分布の測定結果 ( H23.6~H23.7 )
  1. 本分析結果は放射性セシウムの濃度が10分の1となる深度(1/10浸透指数(mm))を示している。
  2. 本データの作成にあたって、放射性セシウムの深度分布の状況を確認するため、鉄パイプを用いて土壌コア試料を採取し、放射性セシウムの深度分布を調査した。
  3. 土壌コア試料は、福島第一原発から20 km圏外において平成23年6月4日から平成23年7月4日に採取した。土壌に含まれる放射性セシウムの放射能量が少ない地域では計測が困難であり、深度分布状況を確認できたのは77 箇所である。
  4. 土壌コア試料は、長さ300 mm、外形60 mm、内径56 mm の鉄パイプ(円筒管)をハンマーにより地面に打ち込み、採取した。
  5. 測定はゲルマニウム半導体検出器を用いて行った。
選択された調査項目には データの概要 はありません

ダウンロードファイル

選択された調査項目には ダウンロードファイル はありません

関連ファイル

福島県及び近隣県(39箇所)で採取された土壌中の放射性物質の深度分布の測定結果 ( H23.12、H24.4 )
福島県及び近隣県(77箇所)で採取された土壌中の放射性物質の深度分布の測定結果 ( H23.6~H23.7 )
選択された調査項目には 関連ファイル はありません