データの概要

気象庁気象研究所(茨城県つくば市)は、文部科学省による平成23年度放射能調査研究の一環として、東京電力福島第一原子力発電所の事故後に太平洋広域で海水を採取し、海水中の134Cs、137Cs濃度を分析した。本データは、この結果を基に作成した。
選択された調査項目には データの概要 はありません

ダウンロードファイル

選択された調査項目には ダウンロードファイル はありません

関連ファイル

選択された調査項目には 関連ファイル はありません