原子力規制庁は、『2013年度海域モニタリングの進め方』に基づき、環境中に放出された放射性物質の拡散、沈着、移動・移行の状況を把握するための海域モニタリングを実施している...
原子力規制庁は、『2013年度海域モニタリングの進め方』に基づき、環境中に放出された放射性物質の拡散、沈着、移動・移行の状況を把握するための海域モニタリングを実施している。海水の測定においては東京湾、宮城県・福島県・茨城県・千葉県沖合海域(海岸線から概ね30~90km の海域)と外洋海域(海岸線から概ね90~280km 及び280km 以遠の海域)を過去の調査とのデータの連続性について配慮し実施している。本データは、この結果を基に作成した。KML ファイルの測定期間は 2013年5月から2014年11月である。
本調査項目のデータを公開しているホームページから収集し、利用しやすい CSV, XML, KML の形式でまとめたファイル一式です。

選択された調査項目には ダウンロードファイル はありません
本調査項目のデータを取りまとめる際に使用した、元データや報告書などのファイルです。

選択された調査項目には 関連ファイル はありません