データの概要

東京電力は、平成23年3月より東京電力福島第一原子力発電所近海の海水モニタリング調査を行っている。現在は『平成25年度海域モニタリングの進め方』に基づき、東京電力福島第一原子力発電所からの放射性物質の新たな漏えいの監視を目的とした頻度の高いモニタリングと、環境中に放出された放射性物質の拡散、沈着、移動・移行の状況の把握のための検出下限値を下げたモニタリングを実施している。前者は東京電力が原子力規制委員会と調整を行い近傍海域(東京電力福島第一原子力発電所の5~6号機放水口北側(T-1)、東京電力福島第一原子力発電所の南放水口付近(T-2-1))において実施している。後者は宮城県、福島県及び茨城県の沿岸海域において実施している。本データは、この結果をもとに作成した。
選択された調査項目には データの概要 はありません

ダウンロードファイル

選択された調査項目には ダウンロードファイル はありません

関連ファイル