本調査は、森林の流域から放射性物質がどのような形態で流出するかを定量的に把握することを目的として実施した。 本分析結果は、懸濁態・粗大有機物の放射性セシウム濃度については単位乾燥重量(kg)当たりの放射能量(Bq)を、溶存態の放射性セシウム濃度については単位水量(L)当たりの放射能量(Bq)を示している...
  1. 本調査は、森林の流域から放射性物質がどのような形態で流出するかを定量的に把握することを目的として実施した。
  2. 本分析結果は、懸濁態・粗大有機物の放射性セシウム濃度については単位乾燥重量(kg)当たりの放射能量(Bq)を、溶存態の放射性セシウム濃度については単位水量(L)当たりの放射能量(Bq)を示している。
  3. 放射能濃度、誤差、検出下限値は、試料採取日に減衰補正した値を記載。
  4. 134Cs,137Csについては、測定において、当該核種の明確なピークを検出できなかった場合、あるいは算出した放射能濃度の値が0.0 以下であった場合は、「ND」と表記。また、誤差は「-」と表記するとともに、検出下限値を参考値として記載。算出した放射能濃度が検出下限値未満であっても、当該核種のピークを検出できた場合には、その値を参考値として記載。また、検出下限値を参考値として記載。
本調査項目のデータを公開しているホームページから収集し、利用しやすい CSV, XML, KML の形式でまとめたファイル一式です。

選択された調査項目には ダウンロードファイル はありません